Boxwall-特徴・製品情報

Boxwall(ボックスウォール)は土のうに代わる、簡易設置型の止水板です。

水圧を利用した固定方法で特殊な工具は不要、ジョイント部分を接続して地面に置くだけの簡単敷設で、ゲリラ豪雨や台風などの水害から資産を守ります。

個々を重ねられるので収納スペースを削減でき、簡単な洗浄で繰り返し使用することが出来ます。

Boxwall(ボックスウォール)の特徴

簡単な接続でフレキシブルな設置が可能!
ボックスウォールは特殊な工具やスキルを必要とせずに、各ユニットのジョイント部を繋ぐことで設置が出来ます。±3度の調節ができ、設置場所がカーブしていても対応可能です。
小規模範囲の防護対策に最適!
少人数でも設置や撤去作業が行えるため、ビルや公共施設などをはじめ、民間の商店や家庭でも容易に取り扱うことが可能です。
オプションで更に効率設置!
アウトコーナー、インコーナー、サイドアタッチメント、シーリング材など各種オプションも用意。設置環境にあわせたオプションを使用することで、さらに効率よくボックスウォールを設置することが可能です。

Boxwall(ボックスウォール)の仕様

サイズ980mm×680mm×530mm
最大堰止め高500mm
重量6.2kg/枚
素材

PP(ポリプロピレン)樹脂製
※アウトコーナー材、インコーナー材:ABS樹脂製

Boxwall(ボックスウォール)の本体・オプション

  • <ボックスウォール BW52>(クリップ付き)

  • <コーナー>
    左側:アウトコーナー
    右側:インコーナー
    1枚で30°、3枚で90°です。


  • <コーナー使用例>
    写真左側:インコーナー
    写真右側:アウトコーナー


  • <サイドアタッチメント>
    段差がある場合に使用

  • <シーリング材>(黒部分)
    1間口=2本/30×75×600mm

  • <二輪台車>


  • <四輪台車>

設置ガイド

  1. ①背後から見て、左から順に並べます。

  2. ②地面に接した面の先端部に、隣に設置するユニットのツメを差し込みます。


  3. ③次に、上部の鍵穴に隣のユニットのツメを差し込み、横に動かして固定します。

  4. ④ユニット同士の接続部の補強用に、クランプで留めます。

  5. ⑤ユニット両端と壁などの接触部に、シーリング材を挟み、固定してください。


  6. ⑥必要な場合は土のうなどを重りとして使用し、ユニットを固定してください。

※設置の際は、手の保護のため軍手などをご使用ください。
※ユニットの下から水が侵入するため、置く場所に側溝などがないかご注意ください。

収納ガイド

  1. ①上の画像のように持ち、矢印方向にそれぞれ力を加えます。

  2. ②外すユニットを軽く持ち上げながら、鍵穴側へツメを動かします。


  3. ③鍵穴までツメが動いたらそのまま取り外します。これで地面側先端部のツメも取り外せます。


  4. ④取り外した後は、重ねて収納ができます。

※設置の際は、手の保護のため軍手などをご使用ください。
※取り外す際は、強い力は必要ありません。(無理な力を入れると、破損の恐れがあります。)
※使用後は水洗いの後、紫外線を避けて屋内で保管してください。

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ